小物・便利グッズなど | プレジャーボート徒然

プレジャーボート徒然

ボート好き、釣り好きオヤジの・・・  気侭・気侭〜なラクガキ帳
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
TAKUMA & 3mm
acuses
ブログパーツUL5
pet
クリックで救える命がある。
占い師 気まぐれ君
ひまつぶし 4コマ
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
クルコン 発電機 クーラー
気になる小物を発見しました。

クルーズコントロール装置です。
有ると便利・・・ってシチュエーション・・・
高速を使ってお出かけする機会が増えた人には便利ものですよネ

最近の車には、高級車で無くともクルーズコントロールが付いてるものが増えました。
しかし、大衆車の場合、まだオプションの扱いです・・・
ディーラーオプションで付けられれば良いのですが、取り付け責任の問題からメーカーオプションがほとんどです。
つまり、後付はディーラーではやってくれない・・・
車を買う時点でメーカーオプションを頼まないとダメってことです。

後付は自己責任であり、そのような装置を付けて、それに因する障害や故障、事故などが発生した場合はすべて自分自身で責任を負わなければなりません。

万一の交通事故などの場合でも、保険が利かないということも有るかもしれません。

その辺のことは、私も詳しく無いので、この日記も無責任だということをご理解くださいマセ

さて、上記のことを念頭に・・・

下記HP記載の商品。

http://pivotjp.com/product/tha/tha.html

このようなものを発見しました。

大変便利そうですネ〜
ドライビバリティも選択・調整できるそうです。

そして、この価格!!
まさに価格破壊!?(笑)
車種別専用ハーネスキットとか、取り付け作業工賃などを含めると3〜4万は掛かるのかな?
それでも安いです・・・と思います

いや、別にこのメーカーの宣伝をする訳ではありませんヨ!?

ただ、こんなに便利なものが、こんなに安いんだぁ!?と驚いたのです。

下記は同じHPのリンクにある、雑誌の紹介記事です。

http://pivotjp.com/magazine/up/stylewagon_1005.pdf

なるほど〜・・・となった訳です

あ、追加があります。

http://www.webasto-gcs.co.jp/index.html

上記HPは バベスト です。

ヒーターやクーラーなどボートでも役立ちそうなものがあります。
一番気になったのは、燃料電池ですネ・・・

エタノールで自動発電してくれる優れものです。

水没携帯・・・復活!
確か・・・

瀬戸内海西の果てのベイライナさんのカキコだったと思います・・・
「水没携帯もかなりの確率で直った」との情報を頂いたのです。

3月26日、今から約2ヶ月前・・・
桟橋の修理作業中に海にドボンしちゃいました(^^;
油断してました。
海に出るときは防水携帯を持つのですが、桟橋での作業ということで普通の携帯をポケットに入れていたのです。

浸水時間はほんの15秒ほどでした・・・
 全身ズブ濡れ・・・なんてのはどうでも、電子機器である携帯が!!(;゚Д゚)

すぐに電池を外して、外側は乾いたタオルで優しく包み、家に持ち帰りました。
 
浸水といっても短時間だったのでとにかく「乾けば大丈夫かも?」と3日ほど放置・・・
 
乾くには乾きましたが・・・この塩の吹き具合が不安を誘います(^^;

とにかく通電してみよう。

 

一応は電源が入り、これなら大丈夫かも?と期待しました。

しかし・・・



いっとき、正常に反応していたものの、メニュー画面に行くと暴走開始〜!
これ、私はボタン押してませんよ(゚∀゚;)
 こ・・・これは・・・やっぱり・・・ダメかぁ( T_T)
 
日を改めて数回試しましたが、この症状から回復すること無く・・・
 
しかし、1週間ほど前に、ベイライナさんのレスを思い出したのです。
「どうせこのままなら壊れてるんだし・・・ダメモトで試してみよう!」 ということで・・・

 

まずは水洗い・・・といっても、ジャブジャブ洗うわけでは無く、静かに水に漬けてしばし放置。
 
水から上げたら乾いたタオルで静かに、包み込むように水分をふき取り。「水とりゾウサン」と共に密閉容器にいれます。

 

そして待つこと約1週間・・・

開封して水とりゾウサンを確認しましたが、携帯に滲みこんだくらいの水分では「ゾウサン」の底に水は溜まっておりませんでした。
しかし、1周間も置いておいたので充分に乾燥した・・・と判断(^_^;

電池を装着し、電源を入れて見ます・・・
パワーON・・・OK
パスワードを入力・・・OK
 メニュー画面に移動・・・OK 暴走はありません!(^-^)
 その他、いろいろな画面に移動・・・OK
 メモリーカードを挿入、画像などのデータ閲覧・・・OK

SIMカードを挿入、電話として使ってみます・・・OK
メールの送受信・・・OK
 
復活です!! 

やったー♪(o ̄∇ ̄o)/
 
という訳で・・・ 塩抜き → 乾燥 → みごと復活!

ベイライナさん、アドバイスありがとうございました〜(^-^)v

え〜・・・・今回の日記ですが・・・・何だか「改行」がうまく行かず、かなり読みづらい可能性があります。

ご了承くださいませ m(_ _)m
災難は・・・忘れた頃にやってくる
最近は日記書いてませんね〜(^_^;

仕事が忙しいのもあるんですけど、休みが平日になってしまったので・・・
しかも「週1」しか休めないから、映画とか買い物とか、近所をウロウロするのが精一杯です。
しかも、ほとんど神様と同伴行動なので、日記を書いても夫婦日記みたいになるので・・・
ちょっとこのブログのネタでは無いなぁと・・・(汗)
まぁ、旅行とかなら書くんですが、夫婦の日常では仕方ありませんよね(^◇^;)

あ、「赤壁」を昨年、映画館で見たのですが、DVDが手に入ったので、家で見たら神様が途中で寝てしまい、終わる頃に起きて・・・
「面白かった?」と私に聞くのですが!?
アンタも映画館で一緒に見たでしょ? とは突っ込みませんでした(^_^;
未だに「アラスジ」が解っていないようでした、パート2を見に行くつもりですが、どうなんでしょうねぇ〜?
私は楽しいので良いです(爆)

さて・・・
災難は忘れた頃にやってくる・・・の本題です。

3月に入って、やっと懸案事項であった「桟橋の修理」が始まりました。

私も週1回しか行けないのですが、お手伝いをしているのであります。
前回(3/26)で8割がたは出来てきた感じなのですが・・・
桟橋の補修日記はまた別に書かせていただきますが、今回はその時に私が出会ってしまった災難の話しです(^_^;

その日の作業も、もう「今日はお終いにしよう」という午後5時頃・・・
ちょっと気になって「修正だけしておこう」という箇所がありました。
桟橋の水平が出ていないようなので、端っこの一部の単管の留め具を緩めて締め直そうとしたのです。
下にズレてるので、緩めて、持ち上げて、締め直そう・・・
で、レンチで緩めようとしたら、床貼り用の角材のサンが邪魔でレンチを入れられません。
角材を押すとわずかにズレるので、手で押しながらレンチを入れようとしました。
グッ!っと力を入れて・・・もう少しでレンチが入りそうです。
で、その位置は桟橋の角(周りは水面)であります。
あとチョットでレンチが入る!
角材を押す手に、さらに力を込めます。

「お!もう少しで入るぞ♪」

と、思った瞬間に角材は桟橋から外れてしまいました。
力いっぱい体重を乗せてズラしていた私、そのテンションが一気に抜けて、うしろに反り返ってしまいました。

うしろは・・・海(;゚-゚)

そうなんです、私はうしろ向きの体制で右手にレンチを握り締め、左手は押してた角材を握り締め・・・
海にダイブしてしまったのです(-_-;

ハッ! っと思ったら空が視界に入り、直後はスローモーションのように海に沈んでいきました・・・
しっかりと頭まで沈んで・・・水中から水面を見上げておりました(汗)

すぐに桟橋の単管にしがみ付き、無事に自力で這い上がったのです。
幸い、水温もまぁまぁ有り、風も弱かったので、上がってもそんなに寒くは無かったですが・・・

いやぁ、ビックリした・・・というか恥ずかしい〜(^◇^;)
でも、この日は神様とKさんしか居なかったので良かったです。
みんなが居たら「大騒ぎで笑いもの」にされていたことでしょう・・・
ズブ濡れの濡れネズミであります〜

作業で汗をかいた時の着替えで「下着とシャツ、靴下」は持参してましたが・・・
まさか全身とは・・・(;゚-゚)
Kさんにズボンと上着を自宅から持ってきてもらい、何とか着替えが出来たので良かったです・・・Kさん、ありがとうございます m(_ _)m

「水平じゃないから修正」しようとした時
Kさんが「あとで私がやっておくから良いよ」と言われたのですが・・・
言われたとおりにお任せしておけば良かったんだよね〜(^_^;

で、海水漬けになったものは・・・

人間、衣類、靴、財布、カギ・・・
問題は携帯とカギですが?
こんな時に限って携帯が・・・防水じゃない方なんです〜(T∀T)
携帯からしたたり落ちる水を見て、かなり絶望的・・・(-_-;
カギは・・・
自動車のリモコンキーが心配ですが・・・
短時間の浸水なので何とか大丈夫そうです。
(雨などで濡れても大丈夫なように出来てるらしい)

帰宅して携帯を乾かしてみました。



エアコンで暖房をかけつつ・・・



水濡れマークがしっかりピンク色・・・



翌日に見てみたら・・・塩が吹いてますが分りますか?



この、携帯のフチに白く輝いてるボソボソとした模様のようなもの・・・

潮なんです (゚Д゚;)

まだ、電源は入れて試していません。
明日あたり電池を入れて試してみたいと思います・・・(´Д`。)グスン

続きを読む >>
船台 完成編
3月29日(土) 4月14日、続きを追加

浮き船台が完成しました!


(梯子がまだですが、完成と言って良いでしょう? ウィンク

残り作業は一人で・・・

なんて思っていたのですが!?


土曜日の朝9時半・・・
「さぁ、今日は仕上げだ! 頑張るぞ〜かわいい
と・・・
「一人作業でも、あとは知れてるもんねぇ〜♪」なんて、快晴に気分良く出動です楽しい
桟橋に着くとK川さんが来ていました。
聞けばGPSの設定をしているとか・・・
少しだけ設定のお手伝い&お喋りして・・・

さて、浮き船台をやっつけてしまいましょうかね〜♪
前回、仲間の協力で「ワク部分」までは出来ていますので、あとは船底が載る添え木?みたいなやつだけす。

さっそく角度を合わせて「ここにボルト穴を開けて・・・」 ペンギン
と作業を開始した、まさに「その時!」

P氏が登場しましたよ〜!? びっくり
用事は・・・
前回、忘れ物をした「ブツ」を取りに来たついでに・・・
様子を見に来た、だけでありました。 (^_^;

P氏:「どうですか?進んでますか?」
私:「まぁ、何とか(^_^; 角度を合わせて穴あけして五寸釘だから大丈夫でしょニコニコ
P氏:「ほんとですかぁ?怪しいなぁ〜・・・イヒヒ
ということで・・・

私が作業を始めると・・・
結局P氏も一緒に作業を始めるのでありました・・・(爆!)
「すぐ帰るから・・・」と言いながら、結局最後までお付き合いいただきまして 汗
おかげで「新品?」と思える程に・・・
中古の船台は復活!、完成したのであります拍手拍手拍手


以下は作業風景&手順・・・


前回はここまで・・・
とりあえず「仮の添え木」で船を揚げて、船底の角度を取りました。
ワクとなる縦に立ってる木材の上部が腐ってますね・・・
これは既存の材料を使い回すために腐ってない上部を下にした為です。
要するに上下「逆さま」に使用してるからです。

本日の作業はここからです豚
午前11時頃から2人で作業開始であります鳥


(撮影・11:54)
さっそく角度に合わせて木材をカット&取り付け用穴開けして組んで行きます。


(撮影・12:28)
どんどん作業は進み、もう完成間近!?

一服しながら・・・
「あとはペンキかぁ・・・」
などと話していたら、K川さんが
「ペンキならあるよ犬
と、倉庫の奥から出してきてくれました。
「あげるから使いなグッド」って・・・
ありがとうございます!! 嬉しい

う〜ん、いつもながらみんなに助けられるなぁ・・・私  猫2 感謝です〜 ラブ

ペンキを塗る刷毛が無かったので買出しへ・・・
私:「刷毛は2本必要だよね?」
P氏:「いやぁ・・・1本で良いんじゃないですか?たらーっ
(一緒にヌリヌリかなぁ?・・・と思ってたのですが甘くありません・笑)
私:「そ、そうですか〜? じゃ、1本は予備で・・・ひやひや
(ここまで手伝ってくれただけでも、嬉しい誤算ですから・・・)

他に必要なものをP氏からアドバイス頂いて レンチ
とにかく買出しに行くのでありました・・・車

ホームセンターで買い物を始めるとP氏から電話 ケータイ
「角材を1本買ってきてください」
船底の添え木に補強が必要だそうです・・・
で、買い物を済ませましてくるりん
キリの良いところでP氏は帰ってるだろうなぁ? ペンギン
と、思ったらP氏はまだ桟橋に・・・!?

私:「あれれ?帰ってなかったんですか〜?たらーっ
P氏:「今日は浮き船台作業に決定しました[:がく〜:]」

見ると、お弁当を買ってきて残り作業に備えるP氏の姿があったのです(爆)
いや・・・何と優しいことでしょうか、ありがとうございます〜!(^_^;

なぜ残って居たかというと・・・
あとはペンキだけと思っていたら添え木の補強材の追加工事が発生したので・・・
私一人では無理だろうと、気を使ってくれたのでありましたラブ
さ、次の作業だ〜! あっかんべー


(撮影・15:18)
このように・・・
斜めの下に「つっかえ棒」のように補強材が入ります。
縦方向のワクの足元もL字金具で補強を追加・・・


(撮影・15:52)
やっとペンキ塗りを開始あせあせあせあせ
何だかP氏だけが作業してるようですが・・・?
私もちゃんとやってます(・_・;
ペンキ塗り・・・
思ったより大変な作業ですね・・・ペンキ汗


(撮影・17:13)
2人で1時間、黙々とペンキを塗って・・・
やっと完成です!!

今回はアッサリ?と書いてるのですが、作業量も細かい作業もけっこう多くて・・・
なかなか大変だったのであります汗


P氏が貸してくれた電動工具達・・・
これが無ければ3倍も5倍も時間がかかっていたことでしょう ひやひや

絶対に一人じゃ終わらなかったよね・・・ヤバかった〜〜〜( ̄。 ̄;)
っていうか、Pさん、本当にありがとうございます!



あとは・・・

アンカー沈めるだけね グッド
続きを読む >>
ポンプ・ブロワ 
ペンギンホームセンターで売ってるポンプやブロワを見てきましたペンギン

以前にもチラチラとチェックしてたんですが・・・
コメントで質問などあったので改めてチェックしてみました。
いろいろな種類があるのですが、ボート目線で「使えそうなもの?」ってことで、いくつかピックアップしてみました。

まずは ポンプ から鳥


2サイクルエンジン式
三菱製エンジン搭載だそうです。
自重5kgと軽量ですね。
吐出能力は・・・
良く見なかったのですが、次に紹介する4サイクルのものと同程度かと思われます。


4サイクルエンジン式
こちらはホンダ製エンジンのようです。
自重5.5kgですから2サイクルとあまり変わりませんね。
ただし、値段は倍近くの3万5千円くらいだったような・・・
吐出能力 毎分115L


電動式/100V
自重3kg以下くらい?
吐出能力・・・毎分30L程度かな?(^_^;


電動式/24V
自重1〜1.5kgくらいかな?
吐出能力 毎分63Lとなってます。
マリン用品ではおなじみのイエローポンプってやつですね。
24Vということはディーゼルエンジンのボート用です。


こちらは12V仕様です。
能力は24Vのものと同じですが、要求電力も同じなので7.8Aとなっていてバッテリーの負担が大きいですね。
主にガソリンエンジンのボート向けです。

次はブロワを見て見ましょう猫


エンジン式のブロワです。
たぶん2サイクルだと思います(^^;
タナカとかのメーカー名でした。
能力は・・・
42.3m/秒 9.22m3/分 自重3.5kg
燃料タンク容量 700ml
排気量 24ml
1時間くらいは使えるのかな??
オプションでバキュームも出来るそうです・・・


電動式/100V
ヒタチとか書いてあったけど詳細はわかりません(^_^;
2万円くらいしてたから、きっと高性能なんでしょうね・・・


電動式/100V
みなさんご存知のマキタです。
性能は・・・
これも見てきませんでした(^^;
風量は無段階で調整できるようです。
縦型っていうのかな・・・
新しい型みたいなことが書いてありました。

って、少し書いてみたんですけど、どうも尻切れトンボのような内容ですね(汗)

なので、下記のサイトを紹介しておきます。

http://www.diymates.com/e_tools/choice/blower.htm

各種メーカーサイトへのリンクが充実していて「使える」のではないでしょうか?

工具類って・・・
見てると欲しくなりますね(^_^;
船台
2月某日・・・

浮き船台(中古)を購入しました。
(こちらに来たのは3月中旬)


広島から売りに出ていたもので、かなり安く購入できたのです。
そういえば、2号艇も広島から来てくれたので、何かの縁なのかな・・・?

浮き船台・・・
これは係留保管をする人にとって最高の保管施設ではないでしょうか。
船底塗装も不要になるし、何と言っても電食の問題に悩む必要が無くなります。
そして、当然ながら「沈」の心配も限りなく軽減されます。
オートビルジをセットしてるとはいえ、バッテリーが上がってしまえばオートビルジも働きませんから、度々、マメなバッテリーチェックは欠かせないのであります。
このような各種の問題から開放されるというのは本当に嬉しい限りですね〜♪

さて、この浮き船台ですが、購入したのは良いものの・・・
いざ、横浜に運んで来ようと思ったら・・・
それはそれは大変だったのであります!
普通に考えれば・・・
運送屋さんに頼んで運んできてもらえば簡単なように思いますよね〜?
しかし!!
これが普通の「モノ」や「船」ならどうにでもなったのでしょうけれど・・・
浮き船台というのは一筋縄では行かなかったのであります。

問題点
1.そのままでは運べない
  浮き船台は組み立てた状態だと幅3m以上、長さ7〜8mくらいあります。
  長さはそのサイズのトラックに載せれば良いのですが。
  幅に関しては2.5mを超えるようなものは普通に運送できません。
  なので、解体して運ぶことになります・・・
  売主様が解体・積み込みまで面倒見てくれる条件ならここまではクリアです。

2.受け入れするところ(降ろす場所)が無い
  浮き船台そのものは差ほど重量も無いのでどこでも降ろしてもらえる・・・
  船を上下架するマリーナなら大丈夫? と思ったら大間違い!
  この浮き船台というのもはこの辺の地区では・・・
  違法物件になる可能性が高いのであります。
  大都市の港湾では正規係留保管できる水面は存在しない・・・らしい。
  東京の江戸川とか公共係留施設がある付近のマリーナなら大丈夫かも?
  しかし、横浜ではなかなかそういうところが無いんです[:がく〜:]
  なので、ほぼすべてのマリーナ、造船所などでは「浮き船台」というと・・・
  「ウチでは降ろせません」という返事なのであります。
  違法物件?に係わりたくないというのが理由のようであります。
  なので、「降ろしてくれる業者がいない」というのが実情であります。
  降ろす為には自前で自走式クレーンなどを手配するしかありません・・・
  これは大都市圏ならではの問題なのかと思いますが、何とも厳しいものですね。

いろいろと考えた末に、結局は自分達で解体、運送、搬入、組立て、設置までやりました。
念願の浮き船台でマイボートが保管できるようになりましたよ〜ラブ
めでたし、めでたし拍手拍手

お暇があれば続きをどうぞ・・・

続きを読む >>
携帯電話
1月6日(日)

携帯電話を換えました・・・

携帯電話はボートでの通信手段として正式に認められておりますので・・・
一応は? ボートネタということで(苦笑)


こちら新しい携帯
SANYO W53SA


こちらは「予備機」となった携帯
Sony Ericsson W44S

今度のは、すでに一つ前の機種になりますが「防水携帯」であります。
昨年末に携帯(写真下)を紛失して、この携帯(写真上)を買ったのですが、買ったとたんに無くした携帯が出てきてしまい・・・
なかなか機種変更できずに居たんです。
紛失した携帯は出てきたけど新しいの買ったからチェンジね!
とドライな気持ちになれず・・・(愛着ってやつ?たらーっ
ま、年も越したし、カミさんも「せっかく買ったのに・・・いつ変えるの?」と再々言いますので・・・ひやひや
(新しい携帯はカミさんに買ってもらったのです・苦笑)

で、お正月も落ち着いた6日の日曜日にauショップでシムロックを解除していただきました。
シムロックというのはとりあえず「未登録の携帯にシムカードを挿しても使えない」ようにしてあることのようであります。
ショップで解除(登録?)してもらわないと使えないんですよ〜
手数料は¥2,100です。

この手の新しい携帯はシムカードというのが入っており、そのカードを差し替えれば対応する携帯が自分のものとしてすぐに使用できるのであります!
だから他人の携帯でもカードを差し替えれば自分の電話番号で使えるのであります。

最近の携帯電話は便利機能満載ですね〜
例えばアドレス帳もWebにバックアップさせておけば機種が変わってもダウンロードすれば良いだけだし、ネットのお気に入り登録してあるものも、いちいちページアドレスを打ち込んで再登録したりしなくても赤外線通信で一発でコピー/登録できてしまいます。
シムカードを抜いたり、解約して使えなくなった携帯でも赤外線通信とか写真を撮ったりすることが出来ます、そういう意味では「生きて」ますので使えますから(笑)赤外線通信とかで新しい携帯にデータを送ることができます。

携帯のメーカーが違うとアドレス帳のデータ内容が反映されない部分もあるみたいですが、基本的な情報(番号・名前・メアド・住所・メモなど)は問題無く登録されます。
携帯電話の外部メモリー(SDカードとか)にもそういった情報はバックアップできるのですが・・・
機種により使用するメモリーカードが違うとアウト(挿せない)ですからネットバックアップと赤外線はグッドであります♪

というわけで、Sonyのもシムカードを入れ替えるとまた電話として使えます

何だかいろいろ話してるうちに分けが分からなくなってきましたが・・・(汗)
携帯電話もすごい進化を遂げたものですニコニコ
では、さっそく新しい携帯の「水没試験」とまいりましょう〜



無事生還!
ワンセグを受信しながらだったのですが、水に入れると画像がストップ・・・
「電波が・・・電波が・・・」とうわごとのように繰り返してしまいました(爆)
まぁ、当然なんですが水に入れてもまったく問題ありませんね嬉しい
分かってはいても「半信半疑?」でありましたので、これで確信が持てました〜グッド
カタログによると「水深は1m」くらいまでが保証だそうです。
JISのIPX5及びIPX7の基準を満たしているそうです・・・
説明がややこしいので下記にコピーしてきました汗

※1 IPX5:内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5L/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。
※2 IPX7:常温で、水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。
※3 流水:やや弱めの水流(6L/分、常温の水道水)


ということだそうです。

まぁ、メーカーもJISの基準ギリギリでクリアーしてる分けでも無いでしょうし、JISの試験内容より少しハードな条件でも大丈夫ではないか?
と、私は勝手に推測しております。

余談
細木&カミさん連合軍によりますと・・・
昨年、私は「大殺界」だったので悪いこと、トラブルが続いたそうですたらーっ
そして今年は・・・
「何だっけ?」忘れましたが、とにかく「良い年」らしいのであります猫2
で・・・
家で子供達とやった新年会で「おみくじの割り箸」を引いた時・・・

 

ほら!!
「大吉 海に出かけよう」だって・・・楽しい楽しい楽しい
何十本の中からこれを「引き当てた私」って凄くないっすか!?
(全部違うことが書いてあるんですよ〜?)
これを見たカミさんは無言・・・顔をしかめておりましたが・・・(爆)

そして別の日も、カミさんと二人で本牧神社に初詣に行ったら・・・

夫婦揃って「大吉」でありました〜♪
友人と川崎大師に初詣に行った娘は、友人と4人揃って「凶」だったんだって(笑)
しかし「みんな揃って」っていうのも不思議だよねぇ〜唖然

ま、そんな余談ではありますが・・・
今年は「良い年」と信じて・・・祝
ボート免許も一級にステップアップしちゃおう!(笑)
航海機器 3D
FURUNOの navnet がスゴイ!!

コーデン製の3Dナビがヤフオクで57万くらいで出てましたが・・・
イイなぁ・・・
欲しいなぁ・・・
でも、安いレーダーを別に付けると プラス 30万・・・
取り付けや何やでやっぱり 100万円コースなんだよなぁ・・・
ま、取り急ぎ必要なものでは無いのだけれど、気になるパーツでありますたらーっ

そして・・・
満を持して古野から出ましたよ!!
まだ米サイトだけなのですが下記で紹介されてます。

http://www.navnet.com/

リアルプレーヤーでグリグリ気持ち良く動画で紹介されてます♪

布団乾燥器
便利グッズ・・・?



バウのベッドが湿気てたので乾燥機で乾かしました。

どこからか雨水が浸入してるみたいで・・・
まぁ、一番怪しいのはバウのハッチなのですが・・・
時間が取れるときにシャワーをかけて点検してみたいと思います。

とりあえず、乾燥させておこう・・・たらーっ



帰ろうとしたら近所のネコちゃん登場〜かわいい
チョット背景が悪いっすね(爆!)

ネコ・・・好きなんだよなぁ・・・ラブ
究極のオカルトチューン!?
「燃費向上」・・・に凝ってる私ですたらーっ

さて、前回の怪しいグッズもなかなか効果があったので調子に乗っているわけですが・・・
今回、また新たな商品にチャレンジです!
「燃費にイオン」
これまた怪しげな商品でございますね・・・(笑)

いろいろな場所のチューニング用に・・・

このようなセットになっています。

燃料タンクにドボンするもの・・・
燃料パイプに巻き巻きするもの・・・
エアクリーナーに設置するもの・・・
ラジエターホースに巻き巻きするもの・・・
マフラーに巻き巻きするもの・・・
バッテリーやエアクリボックスや何かに貼るもの・・・
などなど、勢ぞろいでございますひやひや
このようなフルセット?で価格は1万円・・・
少し「冒険」ではありましたが、前回の計算で「同程度の性能なら回収できる」と踏んでの購入でありますひやひや

で、気になっていた「トルマリンの300倍のイオン発生!」というのは、タンクにドボンするやつと、エアクリーナーに設置するやつです・・・

このようなものです。

太い方がエアクリーナー用で、細い方が燃料タンクにドボンでございます。
マイカーは古いレガシーツーリングワゴン、4WD、2000(ノンターボ)
AT車です。
ノーマル状態での最高燃費は12,9km/L(全高速の旅行の時)
普段は8.5〜11km/Lで平均では10.5km/Lそこそこで頑張ってるというところ・・・

取り付け方は・・・

燃料タンクの方は前回と同じで、給油口から入れて、ワイヤーのリングを見える位置にとどまらせておくという感じです(簡単)

エアクリーナーの方は

このように、エアクリーナーのフィルターの外側に入れておきます。(これも簡単)
内側だと、万一、ネットが破れたりした場合に中のボールが経路をふさいでしまったりするのを避けるためです。
まぁ、事故でもおこしてクラッシュでもしなければ「ネットが破れる」ようなことはありませんが・・・たらーっ

取り付けたのは今のところこれだけです。
他のは面倒くさかった・・・
というのもありますが、まずはベーシックに?
前回は燃料タンクだけだったので、エアーの追加でどの程度変わるのか?
そういう疑問を試すということもありまして・・・
とりあえず、これだけで実験スタート!

1ヶ月弱試用しまして・・・
結果を申し上げますと・・・
これまた前回より「少し良くなった」であります楽しい
そうですね・・・
0.5kmほど伸びました。

最近の最高燃費は13.3km/Lです。(何日か渋滞知らずで順調に通勤できた時)
以前の時は最高で12.7km/Lでした。

まぁ、その時の走行状態で燃費は変わる訳ですが・・・
これらを取り付けてから一番条件が悪かった時でも11km/L以下にならないのが驚きですね嬉しい
(あくまでも私の走行条件でですけど)

前回は金曜日に満タンにして、土日が休みだったので一般道もかなり走りました。
特に日曜日は5人フル乗車で出かけましたし、エアコンも付けっぱなし・・・
火曜日までで500kmくらい走りましたが、燃費を計ると12km/Lと健闘していて驚きました。

まだ取り付けていない部品がありますので、そちらも取り付けたらもっと燃費が良くなるのでしょうか??
まぁ、それはあまり期待はしません・・・
というのも、今の燃費がほぼ限界ではないか?
そう思うのです。
どんなに効率が良くなったとしても、設定されたギア比以上に走るはずもありませんからねたらーっ
まぁ、タイヤを細くするとか、無駄な積載物を除くとまた少しは良くなるとは思いますが・・・
そこまでマニアックに頑張るつもりはありません。
自分なりに使ってる状態で「どの程度?」燃費が稼げるものか・・・
そういうスタンスです。

とにかく、効果が確かめられたので「良い収穫を得た」といった結論です。
私のようにひと月に3,500km平均を走る場合は節約効果が大きいですねチョキ
前回のレポートでも計算しましたが・・・
1ヶ月あたり3,000円以上、今の感じだと3,500円くらい「得」した勘定になります。
1万円を投資したとしても約3ヶ月で回収、その後は得ばかりと「おいしい」です(笑)
しかも、トルクアップで気持ちよく走れるので言うことはありません。

燃費の追求はひとまずこれで一段落・・・
これ以上追求しても「経費」がかさむことになるので終わりにしましょうたらーっ
前回試した商品がコストパフォーマンスが良いですね(笑)
なんといっても送料込みで500円で入手できたのですから・・・ワハハハハ嬉しい

もちろんボートのタンクにも設置する予定ですポッ
顕著な効果は体感できないでしょうけれど、車で実証された性能向上がありますからね・・・
少しは良くなるだろうという自己満足であります。

ちなみに・・・
前回の怪しい商品をエルグランドに入れてみました。
家&奥様用の車なので買い物などのチョイ乗りが多いんです・・・
なので燃費は悪い!
5km/Lくらいの時が多かったのですが・・・
最近は6km/Lくらい走っています拍手
チョイ乗り燃費で10%向上は立派ですよね?びっくり
満タンで80Lですから、80キロも航続距離が伸びたということです。
やっぱり効果があったんだと実感しました。

追記・・・
「燃費、燃費とセコイ奴だ」と思われるかも知れませんが・・・
もちろん燃費が良くなるに越したことはありません。
しかし、それと同時に「環境」というものを少しだけ考えているのです。
「ボートなんかやってたらそれこそ環境破壊じゃないか?」
それももちろん間違いありません。
しかも、ボートなどは自動車と違って「排ガス規制」も無いし・・・
燃料バカ食いの他に排気は浄化されていないのも事実です。
遊漁船などでも釣りに行きますが、船がひと吹かしするだけで、海上にカーボンがたっぷり浮かんでいます・・・
しかし、このような船やボートなど・・・
結局現状を変えることは出来ないんです。
私のボートも、私が乗らなかったとしても他の人が乗るのです・・・
だから、せめて自分で無理なく出来ること・・・
そういう意識も大切かと思うわけです。
この前も地球温暖化で氷河や南極、北極などの氷が溶けたために、海の水位が上がり「無くなってしまう島」や、海岸線の問題をやっていました。
ある国などは海抜の低い「島」である為に国である「島そのものが」50年後には消滅してしまう可能性が大きいと紹介されていました。

「大きなこと」を言うつもりはありません・・・
でも、少しだけ・・・
意識を変えることは大切なことに思うのです。
生活の全部を「エコ」に切り替えるのは無理なことです・・・
でも、ひとりひとりが少しだけ・・・
ほんとうに意識の問題で・・・
確かに「何かをした」からといって、すぐに目に見える変化はありません・・・
誰かに認められる訳でも無く、表彰されたりすることもありません・・・
でも、自分の中で「少しは協力してるんだ」という満足感はあります。
そのご褒美が「燃費で得する」というものでも良いじゃないですか・・・
私はそんな感覚でやってますラッキー