過放電バッテリーはまだ使える? | プレジャーボート徒然

プレジャーボート徒然

ボート好き、釣り好きオヤジの・・・  気侭・気侭〜なラクガキ帳
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
TAKUMA & 3mm
acuses
ブログパーツUL5
pet
クリックで救える命がある。
占い師 気まぐれ君
ひまつぶし 4コマ
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
過放電バッテリーはまだ使える?
過放電バッテリーの復活を試し見る・・・



こんな古ぼけて放置された過放電バッテリーがありました・・・
(画面手前にヒビのようなものが映っていますが、ゴミであります)

確か、これを置いた時にはまだ点検窓から「うすく緑色」が見えていましたが・・・
1年近く放置されて、自然放電でしょうか、その薄い緑色がまったくなくなりました。


捨てようと思って庭の片隅に屋外放置していたのですが、なかなか捨てるタイミングが無く、忘れ去られていたものです。

先日、釣りをしに沖に出たのですが、エンジンを止めて魚探を長時間使用していたらバッテリー上がりを起こしてしまい、帰る時にエンジンが掛からず「あわや漂流か?」という場面がありました。
予備バッテリーでエンジン始動して難なく帰ることが出来たのですが、やはりバッテリーに不安を覚えたのです。
(実は難なくと言っても予備バッテリーをつないでも電線が細くて掛からなかったり、ならば補機があるさと頑張るも、2サイクル補機のエンジンが掛からなかったり、テンヤワンヤがあったのですがね・笑)

で・・・
ふと思いついて、この放置バッテリーはまだ使えるのか?
と、思ったわけです。
もちろん本来の性能に戻るとは思えませんが、緊急用に・・・

このバッテリーは普通のシールドバッテリーで密閉型です。
深放電してしまったら使い物にならないというのが定説ですね!?
でも、貧乏根性で「ちょっとは使えるかも?」と充電をしてみました。

充電器につなぐと・・・
案の定「充電不可」のサインです。
1時間ほどつないで様子を見ましたが、充電器のLEDはむなしく「充電不可」のサインを点滅させるばかり・・・(ガッカリ)

どうにか方法は無いものか?
と、またネットで検索開始!
どんな記事を見ても「一度でも過放電してしまったシールドバッテリーはダメ」と決めぜりふのようにしか書いてありません。
(安全にかかわるので当たり前なんですけどね・笑)

でも、気になる文面がありました・・・
過放電したバッテリーに充電器をつないだとき、一見は充電されていないようでも充電器は微弱な電気を流し続ける、過放電バッテリーは最初はこの電気を受付られない状態だが、一定の電圧になればこれを受け付けるようになる場合がある・・・というものです。

要するに、固着して動けなくなってしまった電子が微弱な電流を流し続けるうちに少しずつ剥がれて?運動できるようになる・・・ということですよね!?
一定の電圧というのが良く分からないのですが、そのような電圧・電流をバリアブルに変化させて手動調整できるような機器も無いので・・・
いや、実は無線用の安定化電源で16Vまで手動で可変調節できるものを持っていますが、過充電とかでバッテリーが「爆破」する場合もあるとか?怖いので自動停止が付いてる充電器の方が安心かと・・・ひやひや
とにかく手元にある充電器で電気を流し続けてみましょう・・・

再びトライしてみます。
まず、大自工業のEX-80でやってみました。
これは105Aまでのシールド・開放・ディープサイクルバッテリーまで何でも来いのフルオートチャージャーです。
接続したバッテリーに自動的に合わせて最適な充電をしてくれます。
つないだらやはり「ウンともスンとも」いいませんが・・・様子をみてみます。
3日間つなげておいたのですがバッテリーに変化はありませんでした。
このチャージャーのオートストップは高性能過ぎて?、充電できない場合は完全に電気を出さないようです・・・
高性能・・・なので「何とかしてくれるかも?」と思ったのに残念!

諦めようかと思ったのですが、ついでに安いチャージャーで試してみることにしました。
チャージャーは同じく大自工業のMS-300とか何とかいうやつ(正式名称忘れました)
なぜか2台とも大自工業製なのですが・・・
それは・・・私の買い物のホームグラウンドがホームセンターだからです(笑)
ホームセンターやカーショップなどでは大自工業かセルスターしか売ってません(我が家方面)そして、セルスターより大自工業の製品の方が安いのです。
話しが横道になってしまいました汗

で・・・さっそくその安いチャージャーにつなげて様子を見てみましょう・・・



こいつもつないだ時は「充電不可」のサインを点滅させていました。
1日たって見て見ると・・・
何と! 充電終了のサインになってるではありませんか!?
このチャージャーの対応してる最大充電バッテリーは36Ahです。
いっぽう、過放電したバッテリーは26Ah?
とすると、満充電されてるはずなのですが、ちょっと信用できません<(; ^ ー^)
でも、バッテリーのインジケーター(のぞき穴)を見ると「緑色」が復活しております!
ヤッター!!
とにかくバッテリーは電気を受け付けるようになったみたいですイヒヒ
と、なれば今度は満充電にトライしてみましょう・・・
EX-80につなぎます・・・

すると、前回は何も言わなかったEX-80が盛大にファンを回して全開で?充電を始めましたよ〜!!
(やっぱり小さい充電器では満充電出来ていなかったようです)
ファンが壊れそうな勢いでブンブン回っております・・・びっくり
こうして・・・


力強く緑色だ〜!!ラッキー
(写真左上の水分がにじんでいるように見えるのは雨水です・また外に置いてしまったのでたらーっ

バッテリーが復活いたしました・・・
最初の写真で「要点検」という白い?状態になっていなかったということは壊れてる分けでは無いと勝手に決め付けて・・・
どの程度使い物になるのか、これから見て行きましょう・・・たらーっ

あ、みなさんはマネしないでくださいませ・・・
あくまでもトライアル&私の趣味ですので(笑)
シールドバッテリーなんて・・・そんなに高くは無いですもんね(爆!)

余談・・・
一般に鉛バッテリーは5Vの電圧を下回ると再充電できないと言われてるようです。
バッテリー上がりなどでガソリンスタンドに持ち込んだときにこの5Vを下回ってると「もうダメです、交換してください」ということになるのでしょう・・・
サイトを検索していたらバッテリーの性能低下・寿命に関連するいろんな記事がありました。
その中で目を引いたのは「寿命を延ばす、性能を復活させる」というものです。
鉛バッテリーの性能低下にサルフェーションというのがあります。
電極が汚れて蓄電能力が低下するというのもで、寿命というのはこのサルフェーションが大きくなって蓄電能力が無くなってしまうということです。
詳しくはネットでも見てください・・・
これを復活・延命させるために電極にコロナ放電を行うものがあります。
電極にパルスを送ってゴミ掃除するようなもの?
掃除されたゴミは再付着しないようです(装置を付けていれば)
で・・・とにかくこの装置をバッテリーにつなぎっぱなしにしておけば半永久的?にバッテリーは持つらしいです。
もちろんシールドタイプでは補水できないので・・・
この場合は?と思うのですが、開放型なら補水できるから半永久的(ホントかよ?)
いや、半永久的というのは大げさですが10年以上は・・・らしいですたらーっ
そうしたパルス発生装置はやはりピンキリで高いの安いのありますが・・・
普通車のバッテリー用なら5千円前後で売っています。
先日私もホームセンター(またかよ!笑)で4,980円で売ってるのを見かけました。
これらの装置の動作はおおよそ13V前後くらいが多いようです(12V用)
つまり、オルタなどで発電している(自動車なら走行中)時に動作するようです、エンジンが止まっているときは電力を消費しないので装置の消費電力によるバッテリー上がりの心配はありません。
これでサルフェーションが無くなり、バッテリー本来の性能を復活・維持できるなら・・・
私の過放電バッテリーも新品同様に蘇るのでしょうか・・・???
気になる製品ではありますピピピ

スポンサーサイト
- | 16:28 | - | -
コメント
from: 漂流丸   2007/04/17 12:49 AM
一気に最後まで読んじゃいました。
「なせばなる、なさねばならぬ.....」

私の車のバッテリーも六年経ちますが、満充電される量が低下しているみたいで
、よくあがります(笑)。
でも勿体無くて捨てられません(>_<)

パルス発生装置ですか。
宇宙戦艦ヤマトに搭載されてる兵器みたいな名称ですね。

私もホームセンターで探してみます。
from: 気侭猫   2007/04/17 4:36 PM
レストア・・・
レストアって楽しいですね、なにしろ格好の暇つぶしになります(笑)
楽しみと節約も兼ねてたりするのですが、時として修理、レストアするより新品を買った方が安かったりするのはご愛嬌でしょうか・・・(爆)
でも、自分でいろいろ試して見たい探究心が・・・
あ、パルス発生装置ですが、電工の得意な方は「自作キット」というのをどこかの個人的なHPで見かけました。
価格は¥2,000くらいだったと思います。
ユニットだけなのでケースやバッテリーにつなげるケーブル・端子などは別にそろえる必要があります・・・
これを買って自作失敗するリスクを考えると安いのを買った方が私のような素人には良い判断ですが・・・(笑)
ホームセンターやカーショップよりオクの法が安いのかな・・・??
from: 漂流丸   2007/04/23 6:43 PM
バッテリーチャージャーが欲しいと思ってましたが、
よく考えたら、船に積んである300Wのインバーターにチャージャー機能のあるこ
とを思い出しました(笑)
少々ボケたようです。
from: -   2015/08/28 11:03 AM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする